リハビリ

    夏は終わりに近づいてきましたが、
    相変わらずESOのRvRは熱いです。

    PvPならGW2、RvRならESOといったところかな。

    この日は、メンバーのPOP率も高く、
    大盛り上がりのRvRとなりました。

    見どころの多かった
    8月30日、昨晩のシロディールPvP動画の第一弾です。

    EPのPugをファームして、
    メンバーの士気、練度を高めているところです。

    やはりEPはADの様な謎のラグがない、
    流行の戦術の浸透度が全体的にやや遅く、弱いというところで、
    ちょっと飽きてしまいますが、ファームには持って来いですね。
    この日の198kill/2hの内の半分くらいを稼がせてもらいました。



    次回はそんなナメプに飽きたDCメンバーに
    襲いかかる真のシロディールの恐怖をアップ予定です。



    スポンサーサイト

    DCの半分はAnpanで出来ている!

    最近はDCさんMoive、Upしてないの?
    そんな問い合わせを頂いておりますが、

    ここのところは、歯ごたえのある敵に会うことがなく、
    いいMovieをアップすることが出来ていませんでした。

    もっと熱い戦いをさせてくれよー!
    と調子づく我々に、
    ADの皆様が激オコ!!

    既に、
    半数以上のメンバーが落ちた後だったのですが、
    Daggerfallが占領するRoebeckにADの大量Zergが襲来。

    我々も城内で必死の防戦に参加したのですが、
    何度Wipeしても、
    次から次からわいてくるAD勢に、
    陥落は時間の問題と思われました。

    そこで、少数SoliGrpの利点を生かし、
    ADのCampが設置してあるリソースCampを強襲することに!

    6人で無尽蔵にaddする
    AD相手に必死の時間稼ぎをするDCメンバーの戦いです。




    この戦いのポイントはいくつかありますが、
    大きいのは、さすがのDCメン。

    距離感がいいですね。
    何度かメレー陣が突出する場面がありましたが、
    しっかり前も後ろもアジャストして、
    いい具合に前にプレッシャーをかけつつも、
    バランスが取れていて、隙を見せませんでした。

    ちょっとDAoCのFG戦を思い出すような展開もありましたね。

    そして何といっても、
    この戦いの収穫はRezワーク。

    今までの戦いでは、
    Rezよりも、前のプレッシャーを重視するリードを取っており、
    鬼軍曹Tirolさんに怒られることが多かったのですが、
    さすがに少数戦。

    Rezしないわけには・・・。

    GuildWars2は、
    Tankのスキルが優秀であったこと、
    かつ、非常に優秀なTankタイプのプレイヤーが揃っていたこともあって、
    前で壁を作りながら、
    DCお得意のライン戦をしつつRezワークも面白かったですよね。

    一方、今までのESOでは、
    敵のAdd量がハンパないことと、
    Tankが壁になるようなスキルがやや弱かったので、
    DCでは「プレッシャーをかける動き」を重視したリードが中心でした。

    そのため、死んだプレイヤーは、
    置き去りにされ、
    徐々に人数が減少し、Addを捌けなくなり、
    最終的に負けることが多かったですね。

    しかし、最近はVamp対策も完成。
    非常に安定した戦いが出来るようになってきていることから、
    もう少しRezやラインを意識したDCらしい戦いをしてみてもいいかも知れませんね。

    いくつかのADのSolidGrpを除いては、
    差し込みに迫力があるGrpも少ないので、
    せっかくタバードも導入されギルドも判別しやすくなったわけですから、
    相手によって戦術を使い分ける楽しみが出てきましたね!

    そして、今日の名言!!

    DCの半分はAnpanで出来ている!!

    ちょうどこの戦いの前に、
    Canyちゃんがそんな冗談を言っていたのですが、

    マジでしたw

    あれだけ持ちこたえたDCメンですが、
    Anpanが落ちたところで、壊滅ですw





    タバード

    タバード導入されましたね!

    DCでは、こんなタバードを導入しました。
    DC伝統のAnpanGoldカラーを基調にしたタバードです。

    タバード

    このデザイン・・・。
    GMした作成できないため、Tannaが作成したのですが・・・。

    なんと!最初に作成した時にいた
    ギルドメンバーの、Nede3、Max君は全く無反応。
    「まーしょうがないんじゃん」的な感じでしたが、

    意外と!

    評判いいです。
    やっぱり、これぞギルド!という感じで、
    一体感も出てきましたねー。

    ギルドメンバーからも、
    海外のプレイヤーから、いいね!と言われることシバシバとか。

    相手のソリッドチームも分かりやすくなり、
    ますます、盛り上がってきそうな予感!

    The Emperor


    わずか、4名でのRoam中、
    我がDCメンの前にはEPの残党狩り部隊に遭遇。
    そして、後背にはADのKeepからの増援部隊が迫る!

    DeathChainsaw絶対絶命のピンチ!
    これは逃げきれない・・・。

    絶望の中で、現れたのは!!

    白馬に乗って登場した
    The Emperor様だー!





    ということで、巷でも話題になった
    DeathChainsawエンペラー動画について、少し解説。

    この日、我々はギルドでのシロディールタイムが終了し、
    残ったわずか4人の少数GrpでRoam中でした。

    そこに後から、Grpメンバーが1人増えたので、
    我々は散発的に遭遇する敵を倒しながら、
    とりあえずの合流を目指して移動していました。

    しかし!
    合流を目指し移動中の我々は、
    運悪くADの10OverのGrpに背後を補足されてしまったのです。

    これはピンチ!

    ということで、
    この直前の会話で
    新たにGrpに加わったDC新人のSorcさんが、
    Former Emperorをゲットして来たよ~
    というネタを生かして、

    じゃー早速、その力を見せてもらおうじゃないか!

    と強引なネタ振りを入れつつ、
    ここは1人でも数が欲しいということで、
    合流を優先して移動。

    この数は、ちょっとヤバいんじゃないか?

    という雰囲気だけを醸し出しながら、
    普通にいつも通りの戦い方で、勝ってしまったという戦いです。

    実はEmperorとしては、
    何も特別なことはしていない。

    スキルツリーをみても、
    Former Emperorは、
    Emperorに比べ、かなり効果が微弱になった
    いくつかのパッシブバフがあるのみで、
    特別なスキルはありません。

    ということで、
    あくまでもエンペラーは、戦いを盛り上げるための
    トークネタでした(笑)

    カックカク


    皆さん!
    ESOのPvPは好きですかー!

    ということで、
    我がDeathChainsawでは、毎晩シロディールに繰り出してるのですが、
    先週末は、
    新パッチが当たってからの
    メモリーリークのせいで、
    FPSがドンドン落ちていくという、かなり過酷なプレイ状況でした。

    実際、私自身もFPSが20を下回り、
    目がショボショボしっぱなしで、非常につらかった。

    しかし、DeathChainsawの面々は
    Zergとのビッグファイトを楽しんでいたようです。



    細かいところは大分、忘れてしまったのですが、
    EPのZerg規模が大きすぎたことと、
    横に目いっぱいだらしなく広がった布陣をしながら
    距離を詰めてくるせいで、
    逆にこちらとしては攻めての隙がなく、
    リードの方向は難しかったですね。

    どちらに行っても、目の前には敵がいっぱい!
    そんな状況を皆、楽しんでいるようでしたがね!

    個人的には、動画を見直してみたことで、
    新しい課題が見えたのもよかったですね。

    Bombのシーンで意外と撃ち漏らしてる!

    最初にDKがTalonで止めたところに
    Bombで行くわけですが、
    どうしても上りがワンテンポ遅れるため、
    撃ち漏らしが発生しているようです。

    ここは改善ポイントということで、
    ここ数日は今まで全く使っていなかったスキルを投入することで、
    かなり焼けてます!

    ということで、次回の動画アップをお楽しみに!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。