Guild Wars2 ローンチ日程 決定!

    こんばんはー。

    皆さん、ストレステストは、いかがでしたか。
    自分が所属しているギルドDCでは、
    午前2時~午前6時という時間にも関わらず、
    5名の廃ゲーマーが参加しました!

    自分も前日から用意周到に業務を進め、
    高速で会社が出ましたが、
    なんと、その時間には既に帰宅済み、風呂・飯終了済み!
    といった気合の入った猛者どもが!

    と、そんなことを書いているときに、
    何やらArena.net周りが騒がしいぞ、
    ということで、Facebooを見てみると、

      ( ゚д゚ ) ガタッ
      .r   ヾ
    __|_| / ̄ ̄ ̄/_
      \/    /

    つ、ついに
    ついに決定しました!

    Guild Wars2ローンチについて
    ついに、Arena.netから公式発表がでました。


    2012年8月28日(火)に決定です。

    ソースは以下
    Guild Wars2ローンチについて(出典:arena.net

    続きを読む

    スポンサーサイト

    Guild Wars2 Squadシステム

    こんにちはー。
    GuildWars2情報に関して、
    Anpan先生からの宿題を忘れていたので、
    ストレステスト前に緊急更新。

    過去のBWE振り返り記事内にて、
    少し触れたのですが、
    今回は、GuildWars2のグループの組み方について紹介。

    続きを読む

    Guild Wars2 sPvPスコアボード

    こんばんはー、皆さん。
    Guild Wars2楽しんでますか?

    もうすぐストレステストですね。
    明日の今頃はキャッキャウフフしているのか、
    はたまた、ストレステストの次元の狭間で、悶えているのか、
    いずれにしても楽しみですね。

    さて、前回はsPvPの解説をちょっとしたのですが、
    少し分かりづらい部分もあったと思うので、
    プレイしていない方向けにスコアボード画像を貼っておきます。

    gw085.jpg

    このスコアボードに、自分は非常に好印象を受けました。

    続きを読む

    Guild Wars2 sPvPのゆる考察

    Guild Wars2です。

    特に目新しい情報はないんですが、
    ちょっと面白い動画がアップされていのたので、
    こちらを参考にsPvPについてのゆるーい考察です。

    <sPvPの基礎情報>

    1.MAP
    現在、公開されているのは以下の2つのMAP。
    ①Battle of khylo
    battle of khlo

    ②Forest of Nifhel
    forest of niflhel

    2.参加方式
    ①トーナメント
    ・5vs5の3ラウンド方式
    ・8チーム参加の「ピックアップ」「月間」「年間」「プレイヤー開催」などの方式の大会を予定。
    ⇒GW1系のガチ系ですねw

    ②ホットジョイン
    ・オープン参加の最大10vs10の自由参加ルーム方式

    3.ルール
    ・500point先取で勝利
    ・3箇所のオブジェクト(エリア)取得・保持・防衛とKillなどのポイントにより加算

    <ポイント加算方法>
      sPvPsystem.jpg

    続きを読む

    Guild Wars2 BWE振り返り② 人気プロフェッション

    ところで、皆さんGuild Wars2でプレイする
    クラス(Profession)は決まりましたか!?

    DCのギルドメンバーは、
    BWE1で8割方の人が、プレイクラスを決めたようで、
    BWE2では、お気に入りクラスを思いっきりプレイしていたようです。

    いつも始まる前だけはいい具合に
    クラスがバラけるのですが……。

    基本、「好きなクラスやればぁ」
    の適当ギルドなので、

    蓋を開けると、

    趣味クラス・趣味スペック中心の悪夢に!

    ここが、DCの良さ&強さでもあり、弱さでもあるんですよね。
    少人数戦では、キツイです。
    やはり、強豪ギルドでは、事前にUberクラスで割り振りとか、してるんでしょうか……。

    微妙クラス好きの自分としては文句は言えませんがw
    ということで、迷える子羊たちに送る
    Guild Wars2人気プロフェッション紹介!


    出典:Guild Wars2の超人気情報サイト「Guild Wars2 GURU」様から転載
    http://www.guildwars2guru.com/topic/34210-what-class-are-you-going-to-roll-after-trying-a-few/page__st__240
    ※スレッド管理人が更新しているようなので、今日時点での集計画像です。
    ※BWE1前後での比較のようです。

    class3.jpg

    続きを読む

    Guild Wars2 BWE2振り返り①

    BWE2の振り返りです。
    今回も我々に許されたのはたった60時間と、
    非常に短いプレイ時間でしたが、
    早くも、中毒者が多数出現してしまった模様です。
    ※私も含め、twitterなどをみていると
     平均3時間睡眠程度でプレイに勤しんだ廃人どもが多かったようです。

    BWE2のプレイを通してのGild Wars2の評価は、
    最終日にDCメンバーが口々に言葉にしていた、

    「早く正式サービス開始してくれ!」

    これに、につきると思います。

    特に今回はギルド単位でオープンPvP(WvsW)を堪能出来たことが、
    一気に、このゲームの評価を高めたようです。

    つまり、声を大にして言えば、

    Guild Wars2は期待大!

    各コンテンツの詳細やDCの冒険については後日としますが、
    ざっとGuild Wars2のオススメを紹介。

    ◆オススメしたい人
    特にDAoCやWarhammerのOpenRvRを楽しんだ人には、
    オススメのコンテンツといえるでしょう。

    オープンPvP(WvsW)
    とにかくMAPは広いです。
    そして、何といっても複雑な地形で練りこまれたMapながら、
    mobの配置が上手くできており、プレイヤー同士の交戦をメインに作るられているところに感心!

    そして、小規模GrpでのRoamでも遊べる!(詳細は後日!)
    KeepへのSiege材料、城門補修材料等の「素材」の補給システムの導入により、
    この補給ライン断ちなどで、
    小規模Grpも活躍できる優れた設計。

    この広大な台地が君を待っている!
    gw038.jpg


    オープンPvPでお馴染みのZerg!の進軍の様子。
    オープン好きの人は、これを味わうだけで、脳汁ものでは!?
    ※ちょっと人数が少なく見えるのはDCの足軽代表Tannaが、先陣を切っているためです!
    ※ちなみにTannaの後ろの青下矢印マークの人が、Raidリーダー(Squadリーダー)
    gw053.jpg


    ワイワイガヤガヤ
    城攻戦中の相手をサイドから強襲して、混乱の図。
    右下のminiMapの交戦マークに人(緑の点)が集まってきているのが分かります。
    敵のnameが見えず、ギルドタグだけ見えるのも、いい感じですねー。
    gw011.jpg

    バカやって死んだら、優しいお姉さんがさすって生き返らせてくれます!
    これにより、ヒーラークラスがいなくても楽しめる設計。
    戦線ラインのキープ、押し上げえを行うことで、
    しっかり味方を生き返らせる時間を作り、
    Zergの戦力を維持し続けることがポイントになります。
    gw049.jpg


    ◆ちょっとペンディングな人
    反対にGuild Wars1やWarhammer、RiftのシナリオPvPなど、
    競技性の高いソリッドな小規模MAP少人数戦が好きな人には、
    やや物足りないコンテンツかも知れません。
    ※BWE2では、sPvPのプリメードGrpによるトーナメントは未実装

    sPvP
    MAP自体は良MAP。
    レンジが取れる場所、取れない場所、高低差などはOK。
    しかし、全体的に高火力のゴリ押しが目立ちました。
    雑魚を倒して俺tueeしたいストレスの溜まった人向けでしょうか。
    これからTopチームのsolidビルドや戦術が熟成・浸透されてくると変わるかも!?

    gw076.jpg


    PvE
    こちらは全く興味がないので、詳細不明。

    基本的には、Warhammer以来、すっかりMMOでお馴染みになった
    PublicQuest方式を採用。
    お気軽にフィールドQuestを消化していけます。

    ※PublicQuest:
    フィールド上でオープンQuestが発生。
    そこに居合わせた人、全員がQuestのエンカウント対象。
    Grpの有無などを問わず、Questにチャレンジできる。
    ステージ制になっており、いくつかのStepをクリアすることで、
    Quest報酬として、「経験地」「お金」「Quest NPCからのアイテム売買権」を得られる。


    とまあ、こんな感じです。
    詳細は後日!


    Guild Wars 2 BWE2 主要コンテンツガイド

    BWE初日の振り返りです。
    と思ったのですが、
    その前に、初めての人やま不慣れな方に向けて、
    主要コンテンツについて、簡単なガイドを。

    GuildWars2の主要コンテンツは主に以下の3つです。
    ※もちろん他にもダンジョンなど色々楽しみ方はあります!

    ◆sPvP(小規模インスタンス戦)コンテンツ
    ・初期クエストを消化すると、
     いきなりLV80、フルスキルで小規模戦を楽しめます。
    ※LV制限未確認

    <行き方>
    ①キャラクタースロットを開く
    ②左タブの一番下「PVP」を選択
    ③Mistを選択
    ④MAP:MistでNPCに話かける
    ⑤sPvPのRoom一覧が表示されるので、好きなRoomを選択してGO!
    ※LV80フルスキルなので、夢のBuild設定やNPCから無料装備を購入して望みましょう。
    ※PreMadeグループによるトーナメントも用意されていますが、ここでは割愛


    ◆WvsWvsW(大規模フィールド戦)コンテンツ
    ・GuildWars2の目玉コンテンツです。
    3つのサーバー間のプレイヤーが競い合います。
    ワイワイガヤガヤ、時には真面目に大規模戦の魅力を堪能しましょう。

    <行き方>
    ①上記のMistに移動。
    ②紫色のポータル(Asura Gate)で、「Lion Arch」に移動。
    ③Lion Archにて、さらに以下のいずれかのポータルで移動。

    ※ポータルは全4種類!!
    (1)中央の中立PvPエリア(Eternal Battle Groud)
    (2)自軍のOpenPvPエリア(自分の鯖名+○○)
    (3)敵のOpenPvPエリア×2(的の鯖名+○○)

    常にどこかで戦闘が起きています!
    「剣のバッテンマーク」目指して、遠くてもとりあえずGO!
    ※MAPを開くと、近くの味方が表示されるので流れに乗る!
    その先には、熱いPvP好き野郎どもの屍の山が待っていることでしょう。


    ◆PvEコンテンツ
    ・Public Quest
    Warhammer以来、すっかりとお馴染みとなったPQ。
    Questエリアにいる人は、みんな仲間。
    特にGrpなどを組まなくても、
    全員で各ステージミッションをこなすと報酬がもらえます。

    ⇒効率的にExpをためられるので、ガンガン参加しましょう。
    ※PQエリア:MAPのハート型(枠のみ=自分が未達成なPQ、塗りつぶし=達成済みPQ)
           ;上記の周囲を金色の枠で囲っているところ=進行中PQ

    ⇒行き先に迷ったら、「望遠鏡」アイコンのNPCに道案内してもらいましょう。

    以上

    後は、自分の目で見て、感じて楽しんでみましょー。
    振り返りは、週明けあたりに。

    Guild Wars2 BWE2に向けて

    いよいよ待ちに待ったBWE2ですね。
    3日分の食糧補給が終わったので、ちょっと更新。

    前回はひたすらsPvPしかやっていなかったので、
    個人的には、以下についてチェック予定。
    BWE1に比べて、少し肩の力が抜けたので、
    ちょいちょい冒険もしてみようかと思ってます!

    ちなみにDCは前回に引き続き、kaineng鯖でプレイ予定。
    新しい仲間との出会いにも期待してるのですが、
    BWEだと中々、難しいですね。

    でも、一緒に冒険してくれる仲間は絶賛募集中です!
    (メッセください!tanna何ちゃらでやってます)

    ・WvsWvsW
    仕組みのチェック。
    前回はちょこっと攻城戦に参加しただけでした。
    ギルメンによると、補給部隊を少数で護衛・襲撃がDAoCライクな面白さがあったとか。
    Lvを上げるのが、ちょっとダルいところですが、
    ある程度クラスが絞れたので、育成してみようかなと思ってます。

    ・Traitシステムの変更
    これは全クラス要チェック予定!

    ・プロフェッション:Guardian
    キークラスの香り高いGuardianなので、
    Scepterスペックでの遠距離使用を試してみたいところ。

    ・sPvP
    ランキング制度は5vs5と発表されたので、
    オープニング時に3箇所のポイントエリアをどの配置で回るのがbetterか、
    移動時間などの兼ね合いをチェックしたいと思います。

    人数による勝率パターンは、簡単な確立論で出せるので、
    将来的には、そこに相手方の各人数配置パターンごとの頻度をログ取り、
    掛け合わせて、勝率の高い配置を算出予定。
    ※あくまで確率論で1vs1での持ち応え時間の兼ね合いとかありますけどね。

    そこに、どれだけ時間差を持ち込めるかというのが
    1つのポイントになりそうなのでチェックしてみます。

    ※個人的にはDCはフィールドPvPに力を入れているギルドなので、
      5vs5のソリッドグループが出来る仲間も募集していこうかなと思ってます。
    プレイ時間は23時~3時までですがねw

    取り留めのない内容になってしまいましたが、
    待ちきれない人達でVCが騒がしくなってきのたで、
    今日は、ここで一端、終了。

    Kaineng鯖でプレイしている方は、
    是非、一緒に遊びましょう。

    Necromancer

    Guild Wars2で、
    まだ、どんなクラス(Profession ※以降クラス)をやるか決まってない!
    クラスの中身がよく分からない!
    そんな迷える子羊たちに送る、クラス紹介第一弾。

    個人的には、WarhammerのBlackGuardで初めてMeleeクラスに挑戦したのですが、
    大好物の不遇クラスだった上に、Meleeが下手過ぎたので、
    Riftに続き、GW2ではNukerクラスをやる予定。
    ※SWTORではライトセーバーの魅力に負けてMeleeをやってしまい…

    ということで、Necroです。
    最初はElementaristが鉄板だと思っていたのですが、
    スタッフがスキル使用で「鎌」になる!
    というオシャレ感

    いや、厨2病エフェクトに釣られ、プレイ開始。

    使ってみると、
    utilityが多様で、
    非常に奥の深い高い楽しいクラスです。

    基礎的な解説は、wikiなどを見て頂いた方が分かりやすいので、
    ここでは、動画紹介を中心にNecroの特徴を紹介。



    所謂、ConditionMancerスペック。
    海外の有名Guilld ParadigmのSalokinによる解説&プレイです。
    Buildの練りこみ、動き、ともに上手いです。
    特にステータスアイコンの管理、これは要チェックです。


    ◆ ポイント解説
    最大のポイントは何といってもDSの使い方です。
    ※DS:Dearh Shroud:Necro固有の変身スキル。Life Foreceを溜めて使用。

    NecroというProfessionの最大の強みを最大限に活用した
    Build、プレイスタイルに強さの秘密があります。

    ・通常のプレイヤー
    多くの動画を観ていても、ほとんどのプレイヤーは、
    DSを単純にダメージバーストやExtraHitsとして死に際で使用するのですが、
    それ自体は問題ないにしても、いくつか使い方に問題があります。

    <DSバースト系にありがちな問題点>
    ①LifeForeceをMAXになるまで使わない
    ⇒DSには、ダメージ以外にも様々な付加効果があり、
     これを使用するだけで、スキル回し、戦術の幅が大きく拡がります。

    ② LifeForeceが50%を切ってもDS状態でゴリ押しを続ける
    ⇒DSのDDはLifeForeceが多いほど大ダメージ!ですが…、
     裏を返せば、LIfeForeceが低下した状態ではDPSが低下してしまいます。
    ※LifeForece%の段階性でダメージ増減あり

    ⇒DSのクールダウンは10sec(Traitで5secまで短縮可能)
     他のスキル同様、頻繁に使えます。
      そして、DSを使用している間に、他の有用なスキルのCDはアップしています。

    <DSのExtraHits系使用にありがちな問題点>
    ①死に際に追い詰められるまで、DSを使わない

    ②DSに入る前にHealスキルを使わない
    ⇒既に敗退濃厚の場面で使っても、時、既に遅し。
    ⇒DSでHealのCDを稼げます。

    ・Salokinの場合
    Salokinの動画では、頻繁にDSを使用するとともに、
    短時間のみの使用を繰り返すことにより、
    適切なタイミングで、traitで強化した状態異常効果を相手に与え、
    戦闘を有利に進めています。

    ステータスアイコンに注目すると、
    Necroの最大の強みであるDSのポテンシャルを最大限にまで引き出しているのが、
    確認できるのではないかと思います。

    ◆ ConditionMancerのDSのポイント
    DSは、最大でこれだけのポテンシャルを秘めるNecro最強のスキルです。
    ・ Trait「DeathMagic」ラインの「Shrouded Removal」:
    ⇒DS変身時に全てのCoinditionをクリア

    ・ Trait「Spite」ラインの「DeathShiver」:
    ⇒DS時、周囲に5sec鈍足&敵のBoon(Buff)を3枚剥がし

    ・ Trait「Curese」ラインの「Weakinig Shiver」:
    ⇒DS時、DDに「Weakness」(50%確立で敵のダメージが50-70%に減)を追加

    ・ Trait「Curese」ラインの「Furius Demise」:
    ⇒DS変身時に「Fury(Crit20%up)

    これを活かし、DSを頻繁に使用することで、相手のCondition系スキルを無効化、
    逆に相手に対しては、一気にConditionスキルで性能を低下させることができます。
    Necroはバースト火力がなく、短時間で落とす程の力はないのですが、
    状態異常で戦いをスローダウンさせ、
    相手をジワジワと死に追いやることが出来る楽しいクラスなのです!

    ◆ ConditionMancerのその他のポイント
    ・Consume Condition:全condition解除。(Heal)

    ・Plague Signet:味方のconditionを自身に転嫁(パッシブBuff)。自身のconditionを全て敵に転嫁。(Utility)          
    ・Corrupt Boon:敵のBoon(Buff)を剥がし、conditionに転換。(Utility)

    そのため、多体1も得意で、拠点防衛はできますが、
    奇襲や速攻を得意とするチームには合わないかも知れませんね。


    ※超私的リコメンド
    ◆ 個人的にNecroをオススメしたい人たち
    ・ とにかく鎌が好き!Undead系最高!など、見た目が気に入った方
    ・ 敵がジワジワ苦しみ悶え死に行く姿を見るのが最高に気持ちいいー!方
    ・ フィールドコントロールを中心に、サポートビルドが好きな人
    ・ Casterだけど即死は嫌な人

    そして何といっても重要なのが下記ではないでしょうか。
    ・ 全体の流れを読みながら、戦える人
    ・ じっくりと我慢強く戦える人
    ・ 状態アイコンを常に注視しながら、上記の戦闘できる人

    ◆ 個人的にNecroに向かないと思われる人たち
    ・ とにかくバースト火力最高!キルこそが至高!という方
    ・ 俺(私)が、みんなを守る!支える!という方
    ・ 視野が狭い人
    ・ すぐ頭に血が上って、カっとなる人

    とまあ、こんな感じですが、
    BWE中に一度、さわってみては、いかがでしょうか。

    Guild Wars 2 BWE2に向けて<変更点>

    Guild Wars2 Beta Weekend2に向けての変更点
    (BWE2:2012年6月9日(土) AM4:00 ~ 11日(月) PM16:00 ※日本時間)

    BWE2に向けて、
    現在、既にTraitのLimitedSystemや
    各種trait変更の情報、UIの変更など様々な修正がリークされております。

    情報としては、やや遅ですが、
    今回は皆さんの大好物である
    Buildに関連する大修正点、
    「Trait Limited System」に関する簡単な解説を紹介。

    ◆Trait Limited System:

    <Trait基礎知識>
    ・ToraitSkillPointを
     任意のTraitラインに割り振ることで、、
     ステータスアップやパッシブアビリティの取得が出来るBuildシステム。

    ・ポイントを割り振るTraitラインは、各Profession5ライン。

    ・Traitラインごとに上昇するステータスは、各Professionのライン毎に異なり、固定。

    ・Traitアビリティは、主に以下の4種類、
    ①ステータスアップ
    ②スキルの効果アップ
    ③スキルクールダウンの短縮、
    ④スキルに特殊効果追加

    <参考URL>
    ・Buildシミュレーター①
    http://www.gw2builds.org/

    ・Buildシミュレーター②
    http://gw2.luna-atra.fr/skills_tool/

    <BWE2 変更前>
    ①各ライン5pt,15pt,25ptの割り振りで、それぞれ定められたパッシブアビリティを取得。
    ②各ライン10pt,20pt,30ptで、それぞれ各ラインのTraitAbility No.1~12から任意にアビリティを取得可。


    <BWE2 変更後>
    ・上記②に関して修正。
    ・スキルポイントを消費して取得できるTraitAbirityの種類が各ラインの消費ポイント数による段階制限性に。

       ・10pt:TraitAbility 「No1~6」の中から任意に取得可
       ・20pt:TraitAlility 「No1~10」の中から任意に取得可
       ・30pt:TraitAlility 「No1~12」の中から任意に取得可

    ◆感想
    これはProfessionごとに異なるところもあるのですが、
    Necro使いの個人的な感想としては、非常に痛いです。

    BWE1をプレイした感想では、
    ステータスアップを意識して、
    単純にダメージラインなどに極振りするよりも、(例:ポイント配分:30pt,30pt,10pt)
    分散型(20pt,30pt,10pt,10pt)の方が、
    よりProfessionの個性が出せるとともに、
    大きく「化ける」ことが出来ました。

    この背景にはは、
    装備の種類によるステータスのアップダウンが非常に大きく、
    相対的にTraitのポイント割り振りは、
    ステータスアップよりも、スキル取得の恩恵が大きかったことが
    ※有用なアビリティがラインにより分散してるクラスに限りますが

    そのため、今回の仕様変更は非常に痛い。
    BWE2まで、どのTraitがどのナンバーになるか不明ですが、
    Professionによっては、大幅に見直しが迫られることになるかと…。

    いずれにせよ、
    また、Buildシミュレーターを見ながら、
    ニヤニヤする日々は続きそうですね。

    えのき亭GM緊急会談! ミニオフ(12.06.02)速報!

    いやー行って参りました。
    ギルド首脳会談という名の暇人の集いに。

    土曜日の14時に声をかけられて、
    その日の18時には、
    新橋の焼き鳥屋でクダを巻いている暇人ゲーマー集団の集い。

    皆さん集合するなり、忙しさアピールをしていましたが、
    もう人生に、ゲーム以外はやることのない
    単なる暇人の集まりなのは否定できません。

    参加者は、少数ながら以下の豪華な顔ぶれ!
    Warhammer、Rift関係のギルド・アライアンスを裏で操る極悪人たちの秘密会談です。

    ・GalaP(Vampire/Oppai ichizoku)
    ・Woodrow(Ocelot/Tesoro GM)
    ・Tanna(DC)
    ・シーケン(Oppai ichizokku GM)
    ※並びは参加者&一部の事情通には分かる順番w


    まー、話題は仕事の近況やら、
    ケンケンさっそく五反田行ったらしいねw
    などというゴシップネタの検証などやらで、早速、盛り上がり、
    ケンケンは3杯目で日本酒突入!
    Woodrowさんは前科持ちなので日本酒自重w

    そして、話題はやはりゲームへ。
    いやー皆さん各GuildのGMとして活躍しているだけに、
    悩みも多いようでしたね。

    Woodrowさんの強権GM振り、
    若きGMシーケンさんの苦悩、
    そして、いつものように外から攻城兵器で火に油を注ぐGalaPさん。

    皆さん大人なGuild運営の何たるかについて、暴走して頂きました。
    DCとしても非常に参考になるGuild運営のノウハウを教えて頂きましたが、
    阿鼻叫喚の内容につき、詳細報告はとても出来ませんw

    ※興味がある方は是非、次回のOFF会に参加を!

    でも、皆さんやはり今はハマれるゲームがないので、
    やや物足りなさげでしたね。

    Rift=良ゲー
    SWTOR=移住したのは大失敗

    という認識は共通でした。

    すかさず、自分としては
    期待のGuild Wars2を勧めたのですが、
    何と!ここで、
    Ocelot GM:Woodrowさんが、衝撃の発言!!

    「Guild Wars2 なんか行って、ギャル・ゲットできんの?」

    さすがウゥーッドロゥ!おれたちにできない事を平然と言ってのけるッ

    そこにシビれる!あこがれるゥ!


    さすが、30~40人のBig Guildを率いるGMの発言です。

    DCとしては、
    Guild Wars2が、サーバー間RvRということで、
    WarhammerJPギルドの大アライアンスを狙っていたのですが…
    この発言で、全てが瓦解w

    「今時、洋ゲーにギャルなんか、いるかっ!!」

    まー、しかし、やはりというか、皆さんGuild Warsというと
    ガチシナリオPvPというイメージが強いので、
    ビミョー、疲れるという意識があるようです。
    ※ここら辺は、JP洋ゲーマーの高齢化やGuild運営者ならではの悩みがあるようです。

    ここから、如何にサービス開始までの間、
    戦力の切り崩しが出来るかが勝負ですね!

    飲み会の中で、以下の指摘も頂いたので、

    「DCは閉鎖的」

    このblogで色々やらかして、
    お笑いGuildとしての地位向上に貢献して行きたいと思うわけです。

    では、次回のオフ会を楽しみに。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。