FC2ブログ

    Guild Wars2 sPvPスコアボード

    こんばんはー、皆さん。
    Guild Wars2楽しんでますか?

    もうすぐストレステストですね。
    明日の今頃はキャッキャウフフしているのか、
    はたまた、ストレステストの次元の狭間で、悶えているのか、
    いずれにしても楽しみですね。

    さて、前回はsPvPの解説をちょっとしたのですが、
    少し分かりづらい部分もあったと思うので、
    プレイしていない方向けにスコアボード画像を貼っておきます。

    gw085.jpg

    このスコアボードに、自分は非常に好印象を受けました。

    Warhammer,Rift,SWTORと
    ゲーム形式PvPのあるタイトルをプレイしてきたのですが、
    DAoCなどと比べると、
    このスコアボードの存在が非常にプレイヤーに悪影響を与えていると感じていました。

    ◆過去タイトルのネガティブ・ポイント
    ・全員のダメージスコア、ヒールスコア、DBスコアなど各スコア詳細が一覧表示される
    ・オブジェクト取得ポイントが表示されない
    ※SWTORは、ゲームに関するポイントのスコア表示、PvP褒章ポイントあり

    上記のスコアのせいで、
    サポートクラスの動きや、ゲームに勝つための動きが
    非常に評価されにくい傾向にありました。

    また、スコアを出すための必死プレイや
    1on1狙いのプレイやAFKなど、
    ゲームバランスを崩すプレイが非常に目立ちました。

    ◆GuildWars2のポジティブ・ポイント
    ・全プレイヤーのスコアはトータルスコアのみ
    ・個人スコアは、トータルスコアに関係するプレイヤーKill、オブジェクト取得などのみ

    ゲームをゲームらしくプレイできる、
    ゲームの勝利にいかに貢献したかを判断できる
    スコア表示になっているのではないでしょうか、

    実際、上記のSSにおいて、
    Tannaのkill数は14と多いのですが、
    トータルスコアでは、4位と沈んでおり、並の貢献度ということになります。

    ■スコアの読み方
    また、上記のSSのレッドチームとブルーチームのスコアを
    よく比較してください。

    トータルスコア:450VS500
    と、非常に拮抗したゲームスコアになっています。

    しかし、
    個人スコア合計:470VS1580
    となっています。

    ※レッドチームの下位2名は5ポイントのみなので、途中参加の可能性あり。
    ⇒記憶なしw
    ※人数バランスが崩れた場合、チームの強制移動などオートバランスも行われています。

    上記の注意事項を勘案したとしても、
    ここから読み取れるのは、
    ブルーチームがグループとして行動し、
    同時にポイントを取得していたということではないでしょうか。

    <ポイント取得>
    GuildWars2では、
    プレイヤーKill、オブジェクト取得ポイントは、
    該当条件を満たした、
    複数プレイヤーに適用されます。
    ※ただし、トータルスコアはダブルカウントされません。
    ※プレイヤーKillのみダブルカウントあり?
    (cf.前回のTeam Paradigm動画の1stContact)

    <プレイヤーKill>
    よくKillスティーラー的なことを発言するプレイヤーもいますが、
    GuildWars2では、そんな心配も無用です。

    では、プレイヤーKillの取得条件は?
    ということになりますが、
    これは詳細は不明です。

    「プレイヤーKillに一定の貢献をした人」
    という形になっています。

    相手をダウン状態に追い込んだ後の、
    ディフィート(Fキー)をカウントと勘違いしている方もいますが、
    これはプレイヤーKillポイントとは直接関係はしていません。

    自分はダメージ総量よりも、
    DB数を重視してきましたが、
    それよりも遥かに公正なstatsといえるのではないでしょうか。
    ※カウントロジックにもよりますが。

    <プレイ役割・プロフェッション適正>
    ところで、皆さんはプレイヤーkill数は、
    どれくらいですか。

    恥ずかしながら、TannaのBWE2のスコアでは
    SSで確認できる限りで、上記の14killがMAXでした。
    10を下回る場合もあったので、
    アベレージで10+といったところでした。

    動画をアップしているプレイヤーのスコアや、
    上手いと評価の高いプレイヤーのスコアをみても、
    大体、同程度なので、オブジェクト取得などもしていると、
    これくらいがアベレージと思われます。

    逆にDPSプレイヤーで、
    プレイヤーKillが10に満たない場合は、
    ちょっとツライところではないでしょうか。

    プレイ役割や、プロフェッション、セットアップの見直しを
    オススメします。

    自分も苦手なMeleeクラスでは、
    WarというDPSクラスの最右翼を扱ったにも関わらず、
    kill数が10に届くことは、ありませんでした。

    一番候補だったRangerも
    非常に扱いやすかったのですが、10killオーバーはたまにという感じで、
    実際のプレイも手応えを感じられず、
    Eleもナゼかw、5~7程度で伸び悩んでいました。

    行き着いた先の
    Necroだけが、プレイを続けていく内に、スコアが伸び始めました。
    ※BWE2で大幅なNerfをくらってもスコアは変わらなかったのでOPとかではないと思います。

    プレイヤーKillのカウント方式は、
    上記で説明した通りなので、
    自分の役割、クラス適正を見極めるのには、
    1つの指針になるのではないかと思います。

    あくまでDPS役割という限定付きなので、
    サポート、ユーティリティプレイヤーにとっては、
    何ら参考にはならないと思いますが…。

    まだ、どんなプレイをするか、
    どのプロフェッションをするか決まっていない方もいると思いますので、
    ストレステストの短い時間で、
    こんな視点で、適正をチェックしてみるのもいいかも知れません。














    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://tannart.blog.fc2.com/tb.php/12-fc240c00

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。