FC2ブログ

    スクロール奪還追撃戦!!

    今日は先週土曜日のスクロール奪還作戦の模様をお伝えします。

    百聞は一見にしかずということで、
    長回しの動画でどうぞ!





    GW2と違いTESOでは、
    普段は、城攻めなどの戦略的な行動には参加せず、
    ひたすら美味しい戦闘のみを追い続けるDC。

    この日も、残りスクロールを1本にみに残し、
    シロディールを黄色く攻めるADに対する
    DFのリテイク戦には参加せず、気ままな戦闘を楽しんでいました。

    しかし!

    そこに、スクロールゲート・オープン!の知らせ。
    DAoCのレリックレイドに興奮した記憶が蘇ります。

    DCの位置は、
    南下するADスクロール強奪部隊の進行方向に位置していました。

    これは行くしかない!
    そこには、楽しい戦闘が待っているはず。

    小まめにMAPを開きながら、
    接近するADスクロール強奪部隊の進路を読みます。

    そして、ここしかないという奇襲ポイントで待機。
    接近してくるスクロールマークに、
    DCメンバーも否応なしに緊張感が高まります。

    しかし、この時点で、
    どの程度の規模のADMFがスクロールを強奪したのかinfoがなく、
    実際に、この目でみるまでは、
    敵の戦略は把握できていませんでした。

    待機するメンバーを確認し、
    岩陰から、そっと覗くと、

    何と、正にこのタイミングで敵MFが、
    下方の街道を通過していきます。

    その規模には、一瞬ひるみました。

    さすがはADのレリック強奪部隊、さすがの規模です。
    例え、Zerg戦慣れしたDCといえど、
    優に50は超えるこの規模のMFに、
    味方の援護なしには、非常に厳しい。

    しかし、スクロールを目の前に奪われ、
    黙っているわけには行きません。

    一瞬のためらいを振り払い、
    突撃の指示です。

    というか、誰ひとりとして、
    退却なんて、考えていなかったようで、
    一気に突撃です。

    いつも一番槍の
    Canyちゃんの光速チャージが光ります。

    幸い相手は、
    陣形を崩し、スクロール保持者が後方に残されているという、
    ずさんの状況。

    DCに勝機ありです。

    スクロール保持者、
    その一点のみを目指し、
    DC自慢のMelee部隊を中心に猛チャージ!!

    この高速チャージに反応できた敵は極わずか、
    Zoubana氏の
    「こいつ!捕まえた!」の叫びに、
    勝利を確信した瞬間でした。

    ここで、自分自身は、
    状況把握のためにやや後方に位置取りしてしまいました。

    しかし!
    その瞬間に見えたのは、
    捉えたはずのスクロール保持者の紫の光が前方に・・・。

    逃した獲物の大きさに、
    広がる喪失感。

    ここで、気が抜けてしまい、
    後ろに返してきた部隊に対する対応を指示しきれず、
    グループは全壊したのは、リードミスでした。

    そして、
    既に本日のデイリーキルタスクをクリアし、
    AvAは1日30分~1時間程度とし、
    キャラ育成に励むDCメンバーからの戦場離脱報告・・・。

    リードミスの反省とスクロール奪還失敗の喪失感から、
    のらりくらりと残存敵兵との戦闘を適当にこなすTannaの前方には、
    まだ、諦めずにスクロールを追う頼もしいDCメンバーの姿が。

    追撃戦の開始です。
    DCのDCは諦めが悪い!

    ここで大規模な戦力を残していながら、
    ファームに走ったADは、
    常勝軍団ならではの完全な判断ミス。

    長引いた敵のラインを切るために、
    一端、敵のラインの深めまで入り、分断。
    確実に戦力を削っていきます。

    少しずつ敵の殿部隊を削る作戦へとシフト。
    ここで、この日遭遇した
    ハイランカーSorのボルトエスケープ逃げを目のあたりにした経験が生きました。
    Sorcの高機動力を生かし、
    遥か彼方の殿部隊にグングン迫ります。

    しかし、ここで痛恨のミス。
    フロストスタッフじゃなく、ショックスタッフだったー!
    追いついた敵を止められませんw
    一体、何のために・・・。
    ちょと恥ずかしい一瞬。
    必死で、武器を持ち替えます。

    そして、先行部隊から
    敵MF補足の報告。
    ADは未だ、相当数のMF規模を擁している模様。

    先ほどの敗北にビビり気味の味方を落ち着かせ、
    追撃継続です。
    敵は前しか見ていない、そしてスクロール安置の拠点は、
    遥か彼方です。

    しかし、ADもさすがの強者。
    こちらの追撃部隊を一気に殲滅できる橋で、
    Siegeを展開し、待ち伏せです。

    私自身はDCらしくない位置取りですが、
    戦況把握のため、ちょっと後ろで、観察です。

    ここは無理をせず、サイドの河からの渡河へチェンジ。
    渡河は危険が大きいものの、
    敵MFはブリッジに集中かつ、一刻も早く逃げたいという気持ちから、
    川岸での待ち伏せはないとサイドアタックを狙います。

    これに対し、
    ADのブリッジはフェイクで、
    スクロール護衛部隊は、さらに先行。
    肩すかしとなりましたが、諦めずに追います。

    徐々に詰まるスクロールとの距離。
    再び、紫の光を捉えます。

    そして、完璧なタイミングで補足。
    圧倒的な有利ポジションで、
    DKのタロンが炸裂。

    これには、さすがのADもたまらず、
    パニック状態に陥ったのか、
    廃塔に逃げ込んでしまい、王手です。

    塔の先端までスクロールを追いつめ、
    きっちり、落下逃げを監視し、
    スクロール奪還です!!

    ここからは、攻守逆転。
    今度はこちらが追われる立場に。

    追われる恐怖!
    後方から、ヘルプ要請の報。

    うちのもんに手を出しやがって!とばかりに、
    圧倒的なADZergでしたが、突撃。

    まーちょっとは時間稼ぎになったかな?
    という敗北のシーンでムービーは終了です。

    この後、スクロール奪還部隊は、
    無事、スクロールの安置に成功。

    DCはADの追撃部隊を何度も美味しく頂き、
    満足して、シロディールを去っていきました。

    その後、そっこーで強奪されたようですが・・・。




























    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://tannart.blog.fc2.com/tb.php/34-51a2b8eb

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。