DCの半分はAnpanで出来ている!

    最近はDCさんMoive、Upしてないの?
    そんな問い合わせを頂いておりますが、

    ここのところは、歯ごたえのある敵に会うことがなく、
    いいMovieをアップすることが出来ていませんでした。

    もっと熱い戦いをさせてくれよー!
    と調子づく我々に、
    ADの皆様が激オコ!!

    既に、
    半数以上のメンバーが落ちた後だったのですが、
    Daggerfallが占領するRoebeckにADの大量Zergが襲来。

    我々も城内で必死の防戦に参加したのですが、
    何度Wipeしても、
    次から次からわいてくるAD勢に、
    陥落は時間の問題と思われました。

    そこで、少数SoliGrpの利点を生かし、
    ADのCampが設置してあるリソースCampを強襲することに!

    6人で無尽蔵にaddする
    AD相手に必死の時間稼ぎをするDCメンバーの戦いです。




    この戦いのポイントはいくつかありますが、
    大きいのは、さすがのDCメン。

    距離感がいいですね。
    何度かメレー陣が突出する場面がありましたが、
    しっかり前も後ろもアジャストして、
    いい具合に前にプレッシャーをかけつつも、
    バランスが取れていて、隙を見せませんでした。

    ちょっとDAoCのFG戦を思い出すような展開もありましたね。

    そして何といっても、
    この戦いの収穫はRezワーク。

    今までの戦いでは、
    Rezよりも、前のプレッシャーを重視するリードを取っており、
    鬼軍曹Tirolさんに怒られることが多かったのですが、
    さすがに少数戦。

    Rezしないわけには・・・。

    GuildWars2は、
    Tankのスキルが優秀であったこと、
    かつ、非常に優秀なTankタイプのプレイヤーが揃っていたこともあって、
    前で壁を作りながら、
    DCお得意のライン戦をしつつRezワークも面白かったですよね。

    一方、今までのESOでは、
    敵のAdd量がハンパないことと、
    Tankが壁になるようなスキルがやや弱かったので、
    DCでは「プレッシャーをかける動き」を重視したリードが中心でした。

    そのため、死んだプレイヤーは、
    置き去りにされ、
    徐々に人数が減少し、Addを捌けなくなり、
    最終的に負けることが多かったですね。

    しかし、最近はVamp対策も完成。
    非常に安定した戦いが出来るようになってきていることから、
    もう少しRezやラインを意識したDCらしい戦いをしてみてもいいかも知れませんね。

    いくつかのADのSolidGrpを除いては、
    差し込みに迫力があるGrpも少ないので、
    せっかくタバードも導入されギルドも判別しやすくなったわけですから、
    相手によって戦術を使い分ける楽しみが出てきましたね!

    そして、今日の名言!!

    DCの半分はAnpanで出来ている!!

    ちょうどこの戦いの前に、
    Canyちゃんがそんな冗談を言っていたのですが、

    マジでしたw

    あれだけ持ちこたえたDCメンですが、
    Anpanが落ちたところで、壊滅ですw





    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://tannart.blog.fc2.com/tb.php/43-28342205

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。