苦しみもがくDeathChainsawに、
    一つの確かな手応え。

    この日は、DCの前への推進力が光りました。
    ここ数日、ややディフェンシブな戦い方にシフトしていたことで、
    失われた前へ進む力が戻ってきた感じです。

    やはり、勝てば勝つほど、
    確かな自信が、勝ちを引き寄せて来てくれます。

    そんな週末のDeathChainsawのプレイムービーを
    TannaとCanychanの2視点からお楽しみください。

    <2014.06.22 by Tanna>


    <2014.06.22 by Canychan>


    <確かな手応えの振り返りメモ>
    振り返ってみると、
    自分自身は、アップするか躊躇するくらいの恥ずかしいプレイや
    状況判断のミスありましたが、
    とにかくこの日は皆がノッてました。

    そんな皆の気持ちの強さが、個々のプレーのミスをカバーし合ったことで、
    勝利を掴み取ることができたのではないでしょうか。

    みんなの声出し具合からも、
    テンションの充実振りが感じられます。

    グループとしては、前へ行く力が戻ったのがポイントです。
    ここ数日の戦いでは、
    オーストラリアの盟友でありライバル・ギルドTKGからヒントを得た、
    AEヒールの利点を生かしながら、
    集団でのポイント作りを意識して
    ディフェンスを中心とした戦術を構成をしていました。

    そのため、集合ポイントを作ったり、Ultiateを溜めるために、
    ポイントをホールドする時間が長くなっていたのですが、
    やはり、この戦いはジリ貧傾向が強く、限界がみえていました。

    そこで、この日は、
    出来るだけホールドの時間を短くし、
    相手へのプレッシャーをかけ続けることを重視したリードに修正しました。

    グループとしても
    連日のMAへのアシストとポイント作りへのトライが実り、
    素早い二段目への攻撃シフトでも、
    うまくまとまりながら、攻めの流れを作れるようになったのではないかと思います。

    個人的には、
    スキルの構成を一新、動きの見直しをしました。

    DeathChainsawは伝統的にDPSタイプのプレイヤーが少ないため、
    その役割を担おうとしていたのですが、
    諦めました!w

    スキルは、グループとして戦う上で、
    自分が気になるポイントをカバーできるスキルを中心に絞り込み。
    結局、サポートスキルで埋まってしまったわけですw
    もちろん動画を見直して、あまりのDPSの低さにハゲそうになりましたがw

    また、動き方に関しては、
    自分は、1on1も弱く、プレー自体は下手な方だという事実。
    これに、正面から向き合うことにして、
    リード中心の動きに切り替えました。

    全員突撃を信条とするDeathChainsawの一員としては恥ずかしいのですが、
    基本は、次の行動へシフトするためサイドや後方など、
    状況把握と判断をしやすいポジション取りに改めました。
    もちろん、初段やチャージの流れを作りたい時には突撃してますよ!

    とまあ、結局サポート系になってしまいましたね。

    DeathChainsawではPvPを志向していながら、
    ギルドメンバーのスキルのセットアップの指定はしていません。

    個々のメンバーが
    このギルドの中で、このギルドのために、
    一人の個人として、どんな自分の個性、強みを出しながら、
    グループに貢献できるかを考えた上でのシナジー。

    1on1よりも、3vs3、5vs5、10vs10、15vs15と、
    人数が増えれば増えるほど、強くなる。
    僕は、これがDeathChainsawの強味だと思っています。

    とまあ、振り返れば色々あるけど、
    とにかく楽しい夜でした!

    この勢い・スタイルを維持して、
    シロディールで暴れ続けたいですね!








    連日、シロディールでは熱い戦いが続いています。
    我々が戦うAsianTimeも
    Neverdie、The Kelly Gang、Synapseなど世界から強豪ギルドが参戦しています。

    そんな中、我々DeathChainsawは今、苦しんでいます。

    勝っているからこそ、次も勝てる。

    しかし、DCは、なかなか勝利の波に乗れません。
    「負けを知りたいものだな」なんて冗談を飛ばしていた
    GW2の常勝時代は、遥か彼方。

    理由をあげれば、切りがない。

    今は、一歩ずつ勝利へ向けて試行錯誤をしていくしかない。

    サッカー日本代表じゃないけれど、
    上手くいかない時は、
    試行錯誤の中で、迷いが生まれブレてしまうもの。

    Synapseの巧みな起動、
    Neverdieの強烈なチャージ力をベースにしたオフェンス
    TKGの重厚なディフェンス力、
    これらを前に、勝ちきれない。

    自分自身も、あれも足りないこれも足りないと
    セットアップは日替わり、
    リードもZerg相手に無茶な突撃や、後退など・・・。

    そんな中、Canyちゃんがアップしてくれたこの動画は、
    DeathChainsawがどんなギルドであるか、
    我々のストロングポイントが何であるかをもう一度、思い返させてくれます。




    数に勝る敵を初撃で打ち砕く奇襲

    死を恐れない強烈な全員チャージ

    UberなTankとヒール力をベースにした巧みなライン戦

    そして、2倍、3倍の敵に勝つこと
    まだまだ課題は多いですが、
    ギルドのスタイルを見失わないで行きたいですね。



    遅めにinしたのに
    VCが何やらワイワイしてるじゃないですかー!

    ということで、深夜1時頃から
    ギルドグループに混ざって、roam開始!

    珍しく、Daggerfallが押し込んでいたようで、
    これからスクロール戦か!

    と思いきや、
    その力はなかったようで、
    野良の人たちがひたすら野良を狩るという状況。

    特にリードするでもなく、
    久しぶりに気楽なAvAを楽しみました。

    最近はMFから離れての単独行動が多かったけれど、
    こんな感じで、Pugの動きを読みながら少人数で戦うのも面白いですねー。

    Pugが呼吸を合わせた瞬間や、
    一生懸命守ってるKeepに援軍が駆けつけて来てくれるのに喜ぶとか、
    ちょっとMMOらしいじゃない?

    Canyちゃんの新作動画を解説したかったけれど、
    それは、また今度!


    転換点

    昨晩の熱い戦いをDCのエースCanyちゃんがアップしてくれました。
    各ギルドで、タンクやMAをやる人には参考になるかも知れませんね。

    GW2時代のCanyちゃんと言えば、
    敵が見えれば、スッとんで行って、
    「殺りましたー!」って言って、一人、笑顔で獲物を引っさげて帰ってくるイメージ。
    まー何しろ反応が早すぎるので、グループとしてのバランスを取るには、
    リード泣かせのUberPlayerでしたね。

    Canyちゃんは、その攻撃センスと反応力の高さで、
    アタッカーが適正ですが、
    この日は、Seaさんが不在ということもあり、
    Canyちゃんを中心としたセットアップです。

    個人的には、
    Canyちゃんのグループ意識が高まることにより、
    よりバランスの取れたタンクとして、トータルの力がアップしてきてると感じてます。




    この日のDCは、
    最近の流行である守備的戦術にトライ。

    チャージ、前進の速度を一段階落としてのプレイといったところでしょうか。

    <一戦目のキープ攻略戦>
    ここでの見どころは、
    相手の準備が整う前にチャージをしかけるCanyちゃんの速さと、
    そこで、しっかりポイントを作り、こらえたグループプレイでしょうか。
    野良Grp相手なので、他は特筆すべきことはないですね。

    <二戦目>
    昨日のBlogに書いた大遠征での戦い。
    ややリードが中途半端になったことで、後で議論になった一戦。
    僕の判断としては、
    敵が横長に伸びてMF級が何段も重なっている中で、
    突撃は控え、プルファイトをイメージしていました。

    しかし、最初のチャージポイントの敵が少なかったことで、
    1stアタックである程度の敵が捌けなかったことで、
    バランスを崩してしまいました。

    Nedeさんの指摘の通り、もう一段階チャージする目もあったかなと。
    プルファイトに関しては、
    誰かしらひっかかる人が出ることが多く、引き切ることができずにモタつくので、
    今後、採用は難しいかも知れません。

    プルからの反撃の場面では、
    やはり後ろのモタつきが気になります。
    結果的には、敵を焼けてますが、
    ここでMAのCanyちゃんが後ろを気にして一端、後退したことにより、
    前への推進力が失われたことで、勝敗の流れが決まったのではないかと思います。

    この隙に、数で勝る敵が左右に展開。
    右翼の生きのいいグループに2発目のチャージといきたかったところですが、
    僕の指示が遅れたことにより、
    敗退となりました。

    Canyちゃんの右翼へのチャージは正解でしたが、
    僕がもっと早く展開するべきでした。

    チャージの瞬間は、もっとも隙が大きくなります。
    一瞬、ヒールが激減することと、
    個々の反応の速さが違うこともり、
    特に、こういった周囲を囲まれフリーnukeされている状況では、
    バラけてしまいがちで、
    今回は、非常に厳しい結果となってしまいました。

    <3戦目>
    EP、ADのZergがKeep-Outpost間を行ったり来たりを繰り返すエリアでの山賊プレイ。
    ここも大きくは、
    同じエリアで戦闘を継続したことにより、
    ステルスプレイヤーを呼んでしまったリードミスが敗因となりました。

    この局面では、岩の反対側にMFが来ていたのが見えていたので、
    その動きを読んで、後背を取りたかったのですが、
    ステルサーの急接近で、
    岩裏に回る前に戦闘開始となってしまいました。

    そして、個人的には敵の1stアタックで、
    自分がソウルストライクをもらって即死しているという何とも情けないプレー。

    しかし、頼もしきDCメンは、
    その後も長時間、敵の猛攻を耐えます!

    最後は、四方八方全周囲からの遠距離攻撃の集中砲火!
    何とな密集陣形で耐えるDC!
    最後は、敵のソウルストライクによる強烈な一撃でMaxが落ちたところで、
    戦線崩壊、敗退となりました。

    <振り返り>
    メンバーとしては
    せっかく楽しみにしているAvAの時間に
    非常にフラストレーションが溜まる戦いが多く、
    申し訳なかったと思います。

    しかし!

    この戦いを通して、
    メンバーの間で、
    この守備的戦術の手応え、ディフェンス力に対する自信と、
    ウィークポイントが
    共通理解として得られたことで、非常に有意義かつ大きな経験になった戦いでした。

    そんな反省をいかし、
    今日もスクロールなし状態から戦闘は少な目でしたが、
    いい動きが出来たのではないかと思います。

    個人的には、
    チャージのタイミングでのスキルセットを変えたことに
    大きな手応えがあり、今後に生かせそうでした。

    こんなDCの戦い方を観て、
    一緒に戦ってみたい!という方がいらしたら、
    是非、当blog、
    またはin Gameで@Tannabdfにメッセージを下さい!







    激戦は続く!

    くーっ!
    今日は反省点多目・・・。

    やはりスタートから
    スクロールが全くない状況から始まると、
    なかなか戦場のメイクが難しいですねー。
    EPとADが、南東で激しく戦闘を繰り広げているのを横目に、
    タワーのリテイクから開始です。

    しかし!
    初めはおとなしくリテイクしていた我がDCメンですが、
    いてもたってもいられないようで、
    今日は、遥か遠くのBlue Load Keepまで遠征です。

    EPとADが、
    Blue Load KeepとSejanus Outpostとの間で、
    激しく戦闘を繰り広げています。

    ここまで、遠征したのは我がDCとしても初めてだったのですが、
    この戦場の地形が非常に難しい!

    北のBlue Load Keepに向けて、
    なだらかな勾配の大平原、そしてEサイドにはアンデットのmob地帯、Wサイドは急な崖。
    ほぼ隠れるところがない地形で、
    北からEP、南からADの大Zergが押し引きを繰り返す状況です。

    理想はEP VS ADの状況へのaddだったのですが、
    両者ともにKeep/Outpostまで行っては引きを繰り返しているようで、
    我がDCとしては中間地点での、
    合流狩り、そしてZerg戦という非常に厳しい流れでした。

    僕自身のリードミスなどもあり、
    メンバーのフラストレーションも高まる中での、
    ラスト一戦!

    DCの新戦術が炸裂!!

    と思いきや、
    40overの敵に、完全に鳥かご状態に・・・。
    しかし、相当な時間を耐えれたところをみると、
    メンバーもある一定の新戦術への手応えを感じれたのではないでしょうか。

    また、戦術的な限界も見えたことで、
    新しいチャレンジ、戦術の改良点が把握できたということで、
    ややフラストレーションが溜まるものの、
    一歩前進した戦いだったのではないでしょうか。

    と、こんな感じで、
    Daggerfall CovenantのAvAギルドDeath Chainsawでは、
    毎晩AvAを楽しんでいます。

    興味のある方は、
    是非、inゲームで@Tannabdfへメッセージ下さい!

    共に、戦場を駆け抜けましょう!

    ちなみに我がDCがやられる時は、
    いつもこんな感じ!

    Screenshot_20140615_004536.jpg



















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。